F1 第15戦 日本GP 鈴鹿サーキット

F1
2011年:F1:第15戦:日本GP:決勝10/9
(鈴鹿サーキット)

優勝:バトン(マクラーレン)2009年チャンピオン
 このところバトンはチームメイトのハミルトンよりも、いい結果を出している。5戦連続の表彰台だ。

2位:アロンソ(フェラーリ)2005~6年チャンピオン
 予選は5番手だったが、鈴鹿では強いぞ。

3位:ベッテル(レッドブル)2010年チャンピオン
 2年連続のワールドチャンピオンとなる。まだ24歳である。

 1ポイントとればワールドチャンピオンが決定する楽勝パターンなので、予選でもがんばる必要はなかったが、最後のアタックで大逆転のポールポジションをとる。2番手との差は1,000分の9秒だった。スプーンカーブをヘアピンコーナーをまわるように攻めた。天才と評しても過言ではない。すごいやつだ。

 黒人初のF1ドライバー、ハミルトンは最年少でチャンピオンになった。すごいと思ったら、さらに年少でベッテルがチャンピオンになった。しかも連続して王者となった。F1界は天才ドライバーの登場が途切れない。最近ではプロスト(チャンピオン4回)、セナ(3回)、シューマッハー(7回!)、ハッキネン(2回)、アロンソ(2回)。

◆第十六戦・韓国場所(霊岩-ヨンアム)の決勝は十月十六日。来週です。
 チャンピオンが決まってしまったけど、10/30インド、11/13アブダビ、11/27ブラジルと残り4戦もある。見どころはシューマッハーの表彰台か!?

画像

▲少年の時のベッテル。
 今も変わらん。かわいい顔して恐ろしく速い。悪魔のように速い。まるでタツィオ・ヌヴォラーリだ(と言っても60年も前に亡くなったイタリア人)。

画像

▲鈴鹿サーキット
 ああ、行きたかった。予選の録画を見ていたら、エンジン排気音の響きが鈴鹿の空気感を出していた。ああ、行きたかった。

画像

▲F1ファンたち
 ええなあ。こんなスタイルでサーキットの中をうれし気にうろつきたい(^ω^;)(;^ω^)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ブログランキングに参加してます     
 よろしかったら、1クリックお願いします
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


F1マシンの秘密 (図解雑学)
ナツメ社
青山 元男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by F1マシンの秘密 (図解雑学) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



セナvsプロスト―史上最速の”悪魔”は誰を愛したのか!? (SAN-EI MOOK)
三栄書房
マルコム・フォリー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by セナvsプロスト―史上最速の”悪魔”は誰を愛したのか!? (SAN-EI MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • サクラサク4869

    カルロスさん、こんにちは。
    えーっ!日本GPがあったのですね。知らなかった!!
    最近テレビを見ないので、世の中の動きがわかりません(笑)
    日本GPは普通の時間に見れるのに・・・残念なことをしてしまいました。
    最近は韓国でも開催されているのですね。韓国人F1ドライバーはいるのですか?

    日本GP・・・懐かしいです。
    私たち家族はワンボックスの車の中で寝ていましたよ(笑)
    子供が小さかったので、鈴鹿遊園地などにも行きながら飽きさせないようにしていました(笑)

    来年、行けるといいですね♪今も抽選ですか?
    2011年10月13日 17:00
  • カルロス

    ★サクラサクさん いらっしゃいませ

     韓国人のドライバーはまだいません。自動車産業に勢いがある国なので、やがてモーターレーシングも盛んになってくることでしょう。

     セナ=プロ時代は日本GPのチケット入手が大変で、ハガキを50枚出して1枚が当るかどうかと言われてました。でもセナさんが天に召されて、日本ではF1の「ブーム」は終わりました。チケットは席次第で入手困難はありますが、どこかは必ず買えます。

     さらに公式ルートでなくてもヤフーオークションで直前でも買えるようになりました。オークションだと、席位置まで選べるので(出品されている範囲内ですが)むしろ便利な面があります。
    2011年10月13日 23:02

この記事へのトラックバック