牧野植物園(高知市)は楽しい

画像

 牧野植物園(高知市)へ行った。何十年ぶりだ。そのときのうっすらとした記憶では、1時間位でめぼしいところは見れると思っていた。ところが現在、大きくリニューアルしてまるで別の世界だった。施設や展示が充実し、屋外の展示スペースも広い。
画像

 1億年以上前の植物の化石まである。日本の植物分類学の父とも云われている牧野富太郎博士(1862~1957)の晩年の仕事部屋を再現したものがリアルだった。
 美しい蝶など昆虫の標本。ファーブル昆虫記で有名なファーブルが実際に使っていた品々。写真でしか見たことがなかった食虫植物のいろんな種類。など期間限定の企画も楽しめる。
画像

 今回、とうてい時間が足りず、また来ようと思う。

(写真)
オニハス:人が乗れるくらい大きいのもあるそうな。
温室風景:日本にない熱帯植物はわくわくするな。
牧野先生:本当に人がいると思ったくらいのリアルさ。

 ♢  ♢  ♢  ♢  ♢

◆蒙霧升降(ふかき きり まとう)
(暦:七十二候) 8/17-22頃

「蒙霧」とは、濃い霧。「升降」は昇降のこと。深い霧がたちこめる季節。
 昨日は久しぶりに雨が降った。朝、セミの鳴き声も勢いが弱くなってきた。夜は秋の虫が鳴いている。まだまだ、ごっつい暑いが夏もやがて終わりがくる。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック