「ずっと信じていたあの知識、実はウソでした!」トキオ・ナレッジ

「ずっと信じていたあの知識、実はウソでした!」トキオ・ナレッジ 宝島社 2016年

「地球温暖化は悪いことではない」から「耳掃除はしなくてよい」まで、役に立つのか・立たないのかわからないが、知ってると楽しい雑学集
────────────────────
 数十冊の本から内容を取り出して、まとめたもの。本から本を作るやり方である。正確さに欠けるにせよ、読み物としてはおもしろい。ジャンルは科学、環境問題、歴史、統計、健康、食、ドラマ・映画、迷信と多岐にわたる。新書サイズだが300頁もある。

 たとえば……
<健康、食べ物>
◆栄養ドリンクの効果はその場しのぎ
 まず内容物の「アルコール」の摂取で体温上昇、血管が拡張したところへ興奮物質「カフェイン」が作用し、更に糖分が血糖値を上げる仕組みになっている。すると元気になる感覚が起こる。
 しかし効果は一時的なものなので、さらに効果を求めて常飲するようになりかねない。アルコール、カフェインの依存性や急激な血糖値の上下は身体に害となる。
 栄養ドリンクは医薬品、医薬部外品に指定されたものであるが、最近エナジードリンクという清涼飲料扱いのものが人気がある。それには内容量に制限がないので、過剰摂取になりやすい。

(感想)元気になる薬や健康食品の宣伝が盛んであるが、その効果に疑問を持っていた。本当に効果があるなら、医師が処方するはずである。十分な栄養がとれない貧しい国の人々には効果があるかもしれない。日本も昔はそうだった。だから、高齢者にも栄養ドリンク信仰が強い。
 現代日本は、普段の食生活が栄養過剰になっており、生活習慣病の一因となっている。過ぎたるは及ばざるが如し、である。

◆甘いものは疲労回復ならず
 疲れた時に甘いものを食べると、血糖値が上がり落ち着く。アドレナリンなどの脳内物質も分泌され、興奮状態になり疲労回復したと思う。ところが急激に血糖値が上がると、身体はバランスを保とうとして下げようとして、低血糖となり、再び疲労やだるさを感じてしまう。さらに甘いものが欲しくなり依存症に近くなる。
 疲労回復には糖分ではなく、タンパク質、ビタミンB類、クエン酸がよい。

(感想)それで甘いものには、手が止まらんわけだ。


ずっと信じていたあの知識、実はウソでした!
宝島社
トキオ・ナレッジ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ずっと信じていたあの知識、実はウソでした! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック