週刊カルロス

アクセスカウンタ

zoom RSS キョエちゃん、ハンギョドン、ネコバス

<<   作成日時 : 2019/01/05 13:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 世界三大キャラクターは、ミッキーマウスとスヌーピーとキティちゃんと言われている。プルーナのミッフィー(ウサギ)もかわいい。
 そこで、マイ三大キャラクターについて熱く語る。

♦「キョエちゃん」NHK

画像

 最近楽しみなテレビ番組は、NHKの「チコちゃんに叱られる」である。NHKらしからぬ番組だ。5歳のチコちゃんが挑発的に岡村隆史らの知識を試す。毎回、相当な難問で正解できない。
 チコちゃんは着ぐるみとCGの合成であり、声は加工されたものである。5歳という設定なのに、横浜ベイスターズの前身である大洋ホエールズ(1977年まで)のうんちくを語ったりする奇妙なキャラクターである。

 番組の終盤に、カラスの「キョエちゃん」が登場する。番組に寄せられるハガキを届けるのがキョエちゃんの役割である。羽の色は黒ではなく青っぽいグレーでクチバシと足が黄色である。動作はごく限られている。クチバシの開け締め、羽のバタつき、断片的に言葉を発するだけ。最大の魅力は目つきである。意地悪で、ズルそうな目をしている。なんとも好感度の低いキャラがいいなあ。

「オカムラァー バァーカ」が口癖。チコちゃん・岡村が夢の話題をしたあと、キョエちゃんから視聴者へのメッセージは「今夜は みんな 金縛りーい」である。

♦「ハンギョドン」サンリオ

画像

 ハンギョドンはサンリオのキャラクターでもマイナーな存在。半魚人だもんな。顔色悪いし。でもそこがかわいい。

 だいぶ昔のことだが、勤めていた職場にある会社の営業社員が訪れた。その名刺を見て感動した。名刺にはキティちゃんの顔が印刷されていたのである。もちろんその方はサンリオの社員さんであった。
 ええなあ、名刺にキティちゃんやで。キティちゃんグッズは数あれど、名刺にキティちゃんを付けられるのはサンリオ社員だけ。うらやましかったな。

♦「ネコバス」ジブリ

画像

 宮崎駿さんは手塚治虫さんをことさら批判するので大人げない人であるが、キャラクター作りは天才的である。
 映画「トトロ」にちょい役で出てくるネコバスは、光る目に大きな口が楽しい。ネコバスの元ネタはルイス・キャロスの「不思議の国のアリス」に出てくる謎の猫「チェシャ猫」だと思われる。そこからネコをバスにするという発想は天才だな。

 だが宮崎さんはストーリー作りが尻すぼみでいつも残念。せっかくの大作も長い予告編みたいなできが多く不満だな。手塚先生ならネコバスを過去・未来、宇宙の彼方まで飛び回るストーリーをいっぱい作るだろう。
 ♢ ♢ ♢ ♢ ♢
 やっぱりおっさんの趣味は「ひねた」「きもかわいい」んに惹かれるようだ。
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キョエちゃん、ハンギョドン、ネコバス 週刊カルロス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる