徳島に新ホールがなぜ必要なんですか?

徳島を考える⑭ 徳島の事情(その4)
~ 徳島に新ホールがなぜ必要なんですか?

 徳島大学の卒業式が中止になりました。卒業式は例年、徳島市の「アスティとくしま」で行われている。卒業生や保護者、教職員ら「約4千人が出席」する(徳島新聞より)。四国放送では「約2千人」と言っていた。

 徳島市が計画している「音芸ホール」の席数は「約1500席」。徳島を代表する学校の卒業式もできない規模だ。

 多目的ホール「アスティとくしま」は5,000席あり、B'zも福山雅治もここでコンサートを開いた。クラシック音楽の人気ピアニスト「フジコ・ヘミング」のコンサートも6月に予定されている。クラシック音楽のコンサートホールとしても遜色ない。

「県庁所在地に市立のホールがないんは、徳島だけ」というビラをある市会議員が配布していた。徳島市内にあるホールのリストが載っていた。そこに「アスティとくしま」がなかった。意図的に消したのだろう。そうゆうことを、するなよ。情報操作じゃないか!

 それはともかく、地元の大学の卒業式もできない市民ホールに100億円つぎこむ、意味がわからん。市の財政が豊かだったら、わかるけど。

 公共ホールの宿命であるが、建設費、施設の運営維持費・修繕費などを施設の利益で運営できるはずもない。地方のそれは稼働率50%くらい。徳島はさらに低くなるだろう。すると、当たり前のように、市民の税金が補填され続ける。そうして莫大な赤字となる。

 数年後には、市民サービスにしわ寄せがくる。すると「なんで赤字を垂れ流すホールを作ったんじゃ!」と怒る市民が出てくる。それでも建ったものはしょうがない。市側が非難されても、100億円を使った利権が誰かにころがりこむから。

(夜中に、書いていると文章が過激になるな)

▼東京カテドラル聖マリア大聖堂
東京カテドラル聖マリア大聖堂.jpg

 丹下健三さんの作品(昭和39年)
 徳島市が計画している音芸ホールの設計者・隈研吾さんの師匠でもある。
 お隣の香川県出身でもある。
 コンクリート建築では世界一うつくしい建物である。ル・コルビジェを超えている。
 こんな建築作品(人類の記念碑)ならば、徳島市の財政が犠牲になっても、建てるべきだな。ははは。
東京カテドラルの内部.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ
にほんブログ村


徳島県ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • バルタン星人

    徳島県立産業観光交流センター(アスティとくしま)
    となってます。市立ではないと思います。
    2020年03月28日 13:48
  • カルロス

    「県庁所在地に市立のホールがないんは、徳島だけ」
    というのは狭義として正しい主張。

     でも、県立の多目的ホールが市内にあるので、いまさら小さいホールは必要ない。
     ホールの新設が争点になっているので、やはり市内にあるホールのリストにアスティを外すのは、いかにも市立ホールが必要だという姑息な世論操作がある。選挙のときアマチュア団体などの票ほしさが見えみえ。そのために貧乏徳島市が大きな借金をかかえても、ええんかいな。
    2020年05月31日 04:25