観客ロボットで東京オリンピック大入り満員

<観客ロボット>東京オリンピック応援キャンペーン 徳島を考えるシリーズ No.79【ニッポン世界を考える 14】 ◆スタジアムを満席にして選手を応援するぞ  しかしまあ、オリンピックをやめんかい! というのも、代案も出さずに言うのは、ただの言いがかりだな。開催するとなれば、「無観客」でも行うのが現実的な選択である。でもオリンピックで観客がいないってどうよ? <観客を入…

続きを読む

オリンピックなんて、やめちまえ!?

<オリンピックなんて、やめちまえ!?> 徳島を考えるシリーズ No.78【ニッポン世界を考える 13】 ◆オリンピックそのものには、賛成 「2回目の東京オリンピック」は最初から反対。東日本大震災の復興を邪魔するものだった。  当時の安倍総理、猪瀬都知事の震災難民に対する配慮のなさ・無神経さに怒りを覚えた。復興作業や資材をオリンピックに取られた。10年経った今も、復興ができてい…

続きを読む

阿波おどり実行委員会は薄情だ?!

<阿波おどり実行委員会は薄情だ?!> 徳島を考えるシリーズ No.77【徳島の事情 22】 ◆実行委員会は、中止費用負担せず  徳島市の「阿波おどり実行委員会」は2月25日に会合を開き、新型コロナウイルス感染拡大で中止となった昨夏の阿波おどりについて、民間の共同事業体が実行委に求めていた準備費用を負担しないと決めた。  共同事業体は中止が決まった昨年4月、開催準備にかかっ…

続きを読む

「日本怪異伝説事典」 朝里樹

「日本怪異伝説事典」 朝里樹(監修):えいとえふ(著) 笠間書院 2020年 ◆あついけど、かるい本  ボリュームのある本です。厚みは3cmほどあります。3段組み400頁もある。でも意外に軽いので、扱いやすい。  感心するのは、構成が整理されて分量が非常に多いのに使いやすい。都道府県別に項目がまとまっている。話の長短はあるが1県あたり15前後くらいある。京都や東京などは…

続きを読む

県市協調・新ホールのデザインを考える(天才建築家ザハ)

<県市協調・新ホールのデザインを考える> 徳島を考えるシリーズ No.76【徳島観光プロジェクト その9】  こんなもんがあったらいいなシリーズ第9弾  徳島の県市協調のホール案が進みだした。夕方のローカルニュースで、徳島文理大学の学生さんが新ホールのアイデアを知事に手渡した。学生さんたちの新鮮な感覚がおもしろいかもしれない。 「新ホール&とくぎんトモニプラザ(県青少年センタ…

続きを読む

「死ぬ練習」南直哉

「死ぬ練習」南直哉 宝島社 2020年  死ぬ練習とは、「自分を大切にしないこと」? ◆3歳から死に囚われる  著者は幼少の頃から死に向かい合ってきた。3歳の頃から小児喘息で苦しむ。水の中に頭から沈められたようになり、完全に呼吸が止められ目の前が真っ赤になる絶息状態の発作に一晩中、繰り返し襲われる体験をしてきた。苦しさの次に起こる「死」とはどうゆうことか知りたかった。 …

続きを読む

「麒麟がくる」最終回

<「麒麟がくる」最終回> 徳島を考えるシリーズ No.75【ニッポンを考える:TV・映画編:その4】  祝!「明智」様が「信長」公を討ち取ったぞ。歴史的大ニュースだ。  NHK大河ドラマ「麒麟がくる」最終回。年間を通じて、盛り上がりにかけるものだったけど、最終回「本能寺の変」は良かった。 ◆信長による大量虐殺  織田信長は現代も人気ある歴史上の英雄であるが、とんでもない…

続きを読む

眉山の夜空は光のショー

<眉山の夜空は光のショー> 徳島を考えるシリーズ No.74【徳島観光プロジェクト その8】  こんなもんがあったらいいなシリーズ第8弾 ◆ドローン・ライトショー  夜空に光の点が浮かび、形を作り、変化する。ドローンにLEDのライトを取り付け、コンピュータでコントロールする。数百機から、2,000機以上が空中で華麗なフォーメーションを見せる。  最初見た…

続きを読む