勝浦さくら祭り◇生名(いくな)ロマン街道

<花見じゃ〜> 徳島を考えるシリーズ No.85【徳島の事情 24】 生名[いくな]の桜並木(徳島県勝浦町) 「勝浦さくら祭り◇生名ロマン街道」  徳島県勝浦郡勝浦町大字生名字太田 55号バイパスを南下→勝浦川橋を越えて右折 →勝浦川を上流へ道なりに行けばいいだけ→JR徳島駅から車で3〜40分くらい →道の駅勝浦町・JA東とくしまよってネ市(産直市)に駐車できます。ビッ…

続きを読む

レジャーランド王国・淡路島

徳島を考える⑳ 徳島の事情(その9) 「淡路恐るべし」 ◆淡路島の奇跡  長く続いた移動自粛も解禁された。どこかに出かけたいよね。淡路島のガイドブックを読んだ。いつのまにか、淡路っていっぱいレジャー施設ができている。  大鳴門橋、明石海峡大橋が開通する以前の淡路島の印象は、牛がのんびり草を喰んでいるような風景だった。懐かしい古き良きニッポンの風景が残っていた。本州と四国が道路…

続きを読む

むろと廃校水族館(高知県)がオープン

▲校舎(水族館)入口  10年くらい前に廃校となった高知県 室戸市 室戸岬町の椎名小学校を改装して水族館にした。廃校の校舎を水族館にするアイデアがすばらしい。 ▲屋外プール  25mプールでウミガメを泳がせるというのは、思いつくようで意外に思いつかない。すばらしい発想だ。 ▲円形水槽  この水槽は1階が底で2階の床をぶち抜いて作ってある。3つある。 ▲クロ…

続きを読む

日本一の大杉にひばり祈る

 樹齢3000年。国の特别天然記念物  高知県長岡郡大豊町杉794  高知自動車道・大豊インターより車で5分くらい。国道32号を南へちょっと行くだけ。  南大杉(周囲20m/樹高60m)、北大杉(周囲16.5m/樹高57m)の二株からなる。根元で合着しているので、夫婦杉とも呼ばれる。施設整備料金:大人200円  前回の早明浦ダムの帰りに寄った。 ▲あまりに…

続きを読む

四国の“みずがめ”早明浦(さめうら)ダム

▲早明浦ダムの全景(手前の橋から臨む)  雨の少ない年にはよくニュースで水量が話題になるのが早明浦ダムである。一度見てみたいと思って出かけた。 (1)高知自動車道・大豊インターから→国道439号→県道17号線、約14キロメートルと行きやすい。 (2)徳島市内から国道192号をちんたら行く。国道32号→池田→大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)→国道439→県道17号という地道140k…

続きを読む

牧野植物園(高知市)は楽しい

 牧野植物園(高知市)へ行った。何十年ぶりだ。そのときのうっすらとした記憶では、1時間位でめぼしいところは見れると思っていた。ところが現在、大きくリニューアルしてまるで別の世界だった。施設や展示が充実し、屋外の展示スペースも広い。  1億年以上前の植物の化石まである。日本の植物分類学の父とも云われている牧野富太郎博士(1862~1957)の晩年の仕事部屋を再現したものがリアルだった。 …

続きを読む

青木成実 油絵展

「青木成実 油絵展」  5月3日~16日  10:00~19:30(最終日は午後4時)  そごう徳島店5階美術画廊(徳島駅前) ◆写真よりも美しい  地元のテレビ局のニュースで、絵画展の紹介があった。その絵を見て驚く。てっきり写真だと思った。海に太陽の光が反射している構図や、空高くある雲のクローズアップの構図が紹介されていた。まるでアクリル絵の具みたいな鮮やかな発色だった。油絵…

続きを読む

「うさぎ島」大久野島(広島県・瀬戸内海)

 今治インターから「しまなみ海道」を行く。30分くらい。 →大三島ICを降りて盛港まで6キロ弱。 →盛港で車を駐車場に置く。 ▲大久野島行きのフェリーに乗る。往復大人620円 ▲15分くらいの船旅で瀬戸内海の島々を見る。  大久野島(おおくのしま)  広島県竹原市忠海町から沖合い3キロメートル、周囲は4.3km。  瀬戸内海国立公園に指定されている。 ▲大…

続きを読む

丈六寺の紅葉は終わっていた

 今年はまだどこの紅葉も見ていない。  近くの丈六寺へ行ってみたら、紅葉は終わっていた。 ▲丈六寺の紅葉  ネットからのパクリ写真です。すんません。  何十年ぶりで、丈六寺の血天井を見た。 『血天井伝説』  戦国時代、土佐の戦国大名「長宗我部元親」は阿波国に攻め込んだ。那賀郡を治める「新開入道 道善」は勇猛で攻めあぐねた。  元親は和議を申し入れた。天正9年(158…

続きを読む

海洋堂のフィギアは楽しくてすごい(徳島県立近代美術館)

フィギア展(徳島県立近代美術館)  あと1週間。11月29日(日)まで。海洋堂のフィギアが圧巻である。 ▲入り口  でかいフィギアがお迎えしてくれる。 ▲ツシマヤマネコ(仔):海洋堂:ChocoQアニマルズ  ローコストの大量生産品なのに、口の中の細部まですごい。 ▲手塚治虫シリーズ:海洋堂  手塚キャラそのものが魅力的であり、海洋堂の造形技術に感動。 …

続きを読む

お十夜(おじゅうや)

「お十夜」というお寺の行事に行ってきた。正式には、十夜大法会(じゅうやだいほうえ)と言うらしい。この数年内に亡くなった人を供養するもの。亡くなった人の戒名とその親族の名前が読み上げられる。呼ばれた家族は、大量の一円玉を僧侶目掛けて投げつける。宗派によって多少内容は違う。投げ銭をするのは一部の地域なのかもしれない。(写真は去年のもの)  ところでこの「投げ銭」とういうのは、なぜそうするの…

続きを読む

潮吹展望台(美波町由岐)

【展望台シリーズ第2弾!】  潮吹展望台  徳島県海部郡美波町志和岐 (アクセス)徳島市から1時間半くらい。約50km。 徳島市より国道55号を南下 →阿南市・福井トンネルを通過→小野で日和佐へのバイパス道があるが、行かずに、旧道を行く →福井南小学校の近くから県道25号線へ入る。 →由岐町→県道26号→志和岐集落を越える →潮吹岩展望台の看板がある ◆景色  180…

続きを読む

11月2日は冬の入口、そして瀬戸内海

 徳島だと海はすぐに見れる。であるが同じ海でも「内海(ないかい)」の景色は違った魅力がある。そこで、瀬戸内海が見たくなった。お隣の香川県の五色台へ行く。ここから見る瀬戸内海はいいなあ。空の広がり、内海特有の穏やかな海面、島々が浮かび、滑るように航行する船、静かな気配……、内海は美しい景色の要素に満ちている。 ◆休暇村讃岐五色台の展望台より瀬戸大橋 ◆瀬戸内歴史民俗資料館の展望台よ…

続きを読む

船窪つつじ公園……ところが

船窪つつじ公園 徳島県吉野川市山川町奥野井387-1(通称・船窪) 5月中旬~下旬にかけてが見頃。 ◆標高1,060mの東西・約500m、南北・約60mの船底形の窪地に朱赤色のオンツツジを中心に約1,200株が大群生している。高さ6mにおよぶものもあり、巨大なオンツツジも多い。1985年(昭和60年)に「船窪のオンツツジ群落」として、国の天然記念物に指定されている。 ◆徳島市内か…

続きを読む

淡路花博2015(植物館と海峡公園)

淡路花博2015(花みどりフェア) 平成27年3月21日(土)~5月31日(日) まで 淡路会場:淡路夢舞台および国営明石海峡公園 洲本会場:洲本市中心市街地エリア 南あわじ会場:淡路ファームパーク イングランドの丘エリア 淡路夢舞台および国営明石海峡公園に行く。 淡路夢舞台の駐車場に停める。500円/日 淡路夢舞台の「奇跡の星植物館」および「国営明石海峡公園」の入場券は、…

続きを読む

面河(おもご)渓谷と瓶ヶ森(かめがもり)林道/愛媛県

 徳島ICから松山ICまで2時間半くらい。南に下って国道33号→砥部→三坂峠→県道12号を久万高原方面へ車で60km。松山から1時間半くらい。 ◆面河渓  西日本随一の景勝地として知られる面河渓。自然の芸術品とも言える奇岩や渓流などの景観。多種多様な動植物、それらを育む天然林、夏は天然のクーラー、秋には紅葉が美しいそうだ。 ▼五色河原  真っ白な花崗岩、輝く新緑の緑、そして水…

続きを読む

川井峠のしだれ桜

 やっと花見に行った。平地の桜はもう散り散りになっている。美馬町木屋平・川井峠のしだれ桜は平地より1週間ほど遅いのを思いだした。朝から雨が降っている。昼には上がるらしい。今日しかない。出かけよう。徳島市内から車で1時間ちょっと、45kmで着く。  昼の2時過ぎだった。雨は上がっていた。時期は見頃だった。晴れていたら満開の美しさがいっそう映えていただろう。とても寒かった。ニット帽やネック…

続きを読む

はるかぜ こおりを とく

●立春(りっしゅん) (暦:二十四節気) 2/4~18  春の始まり。寒さも峠を越えた!? 旧暦で立春は新年の始まり、正月とする。今年は2月19日が旧暦の元日となる。  季節としての、一年の始まりだ。夜はまだまだ寒い。寒くて目が覚めるときがこの頃ある。でももう少しのしんぼうだ。 ◆東風解凍(はるかぜ こおりを とく) (暦:七十二候) 2/4~8  春の兆しとなる暖かい風が東…

続きを読む

小豆島・寒霞渓の紅葉

▲寒霞渓の紅葉 ▲高松港からのフェリー ▲ロープウェイ駅の駅長さんは犬です ▲ロープウェイの下りで、左側 ▲ロープウェイの下りで、右側 ▲小豆島は醤油が有名 ▲おみやげの鈴 にほんブログ村 にほんブログ村

続きを読む

夜の動物園

とくしま動物園(徳島市渋野町) 夜の動物園 開催日 9月20日(土)、27日(土)、 10月4日(土)、11日(土) 夜の動物園 開園時間 18時~21時 まで 入園料は昼間と同じ。 開催日は、徳島市バス 臨時便 が運行する。 車で行く場合には、事前に駐車場の予約が必要。ただし、予約は8月26日で閉めきり済み。駐車整理券がない場合は、明るいうちに行って周辺で停めれるところが…

続きを読む

小松島 港まつり 花火大会

毎年7月の花火大会。 小松島小学校のグランドが臨時駐車場になっていた。 もともと実家が小松島小学校の近くにあった。 通っていたのは南小松島小学校だったけど。 花火の写真は安物のデジカメでは迫力なし。 動画を撮ったら、けっこう雰囲気が出た。 ここに載せるには、まずYoutubeにアップしなければならない。 ところが、できなかった。 使っているPCが10年前のもので、ブラウザ…

続きを読む

たか すなわち わざをならう

▲鷹乃学習(たか すなわち わざをならう) (暦:七十二候) 7/17~22 タカの幼鳥が飛び立ち、獲物を捕ることを覚える時期。5、6月に孵化した雛が。 独り立ちができるよう、飛び方を覚える。 ◆ハリー・ポッターに会いたい  大阪のユニバーサル・スタジオ(USJ)でハリー・ポッターのエリアができた。行きたい。  昨年、入院したときに病院の図書館にあったハリー・ポッターのシリ…

続きを読む

大塚国際美術館 今年はラフェエッロだぁ

▲「美しき女庭師」ラフェエッロ 1507-08年 イタリア  西洋絵画の最高傑作だと思った。 大塚国際美術館 住所:  徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1(鳴門公園内) アクセス: ・JR鳴門駅からバスで20分 ・ 鳴門北ICから車で3分 ・徳島空港からバスで25分路線バス「鳴門公園行」 ・高速鳴門バス停からバスで15分路線バス「鳴門公園行」 入…

続きを読む

高知県立のいち動物公園

高知県立のいち動物公園 〒781-5233 高知県香南市野市町大谷738 http://www.noichizoo.or.jp/ 車:高知自動車道 南国ICより車で20分 電車:JR土讃線→土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線 のいち駅下車、  徒歩20分(←遠過ぎるだろ!) 休園日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日の祝日でない日) 入園料:大人460円(18…

続きを読む

ホッキョクグマ「ポロロ」とくしま動物園

とくしま動物園にホッキョクグマがやってきた。 円山動物園(北海道)生まれ、1歳3カ月のメスである。 子グマなのだが、体長1.7メートル、体重140キロ! さすがにホッキョクグマは子供でもでかい。 とくしま動物園では昨年バーレーが亡くなって、獣舎が寂しかった。 このポロロは円山動物園から期限付きで借りられることになったもので、2年間経ったら帰るらしい。 人気…

続きを読む

吉良のエドヒガン桜(徳島県つるぎ町)

 桜の名所はたいてい「ソメイヨシノ」という種類の桜である。江戸時代に突然変異で現われたものが起源らしい。葉が出る前に花が開くので、見映えがよい。種子では木にならず、接ぎ木で分けていく。日本中に広まっている。サクラ前線の開花情報が成り立つのは、元が同じ木からである。寿命は60年くらいと短い。  つるぎ町にエドヒガンという種類の「野生の桜」があり、樹齢400年以上のものである。  当日は…

続きを読む

レッサーパンダ 赤ちゃん誕生(とくしま動物園)

 とくしま動物園のレッサーパンダに2頭の赤ちゃんが生まれた。19日から午後2時半~4時半の時間限定で一般公開が始まりました。6月25日に出産していたのに、情報公開がなかった模様。10月16日の地元放送局のローカルニュースで初めて知った。  とくしま動物園のホームページには、レッサーパンダ赤ちゃん誕生についていまだに載っていない。それどころかピューマの赤ちゃん誕生が大きく載っている。今年の1…

続きを読む

小松島<港まつり>花火大会

今年の夏は暑いなあ。 と毎年言ってますが、今年はほんまに暑いですね。 昼間やたら救急車が走っていますが、やっぱり熱中症なんだろうか。 そんなこんなで、(小松島市)港まつりのラストは花火大会です。 昔は近所に住んでたので、すぐ見に行けましたけど、今は車で出かけます。 駐車場に苦労する。用意されているところはどこも満車。 (元)地元民なので、穴場を探してちゃっかり停めました。 …

続きを読む

大塚国際美術館に700年前のマンガがあった

▲キリストと十二使徒の祭壇前飾り 12世紀初頭 スペイン  顔が漫画なのが楽しい。 ▲スクロヴェーニ礼拝堂 14世紀初め イタリア  青い天井が美しい。気分が落ちつく空間。 ▲「湖を渡るアヴェ・マリア」セガンティーニ 1886年   不思議な静謐感。 ▲「サロメ」コリント 1899年 ドイツ  めちゃエロいおねえさん。聖人ヨハネの首を持っている。恐い。 …

続きを読む

日本一おいしい水が湧く西条(愛媛県)

 愛媛県のとべ動物園に行った帰りに、西条市に寄った。  水の都として有名(知る人ぞ知る世界)。 ▲日本一の名水(御神水)  石鎚山系を源流とする加茂川の伏流水が良質の自噴水として地下より湧きだしている。ポンプを使わなくても、こんこんと湧き出る。この地下水を当地では「うちぬき」と呼ぶ。全国利き水大会で「一番おいしい水」として日本一になったこともあるそうだ。飲んでみた。おいしい水です。…

続きを読む