マイナポイント、よくわからん

<マイナポイント、よくわからん> 徳島を考えるシリーズNo.63【徳島の事情 19】 ◆マイナンバーカードをゲットした  イオンモールに行ったのは、「マイナポイント」の申し込みをしようと思ったのです。マイナンバーカードは今年になって市役所で受け取りました。  パンフレットによると、  国が実施するマイナポイント (チャージ額又は利用額の25%、最大5,000円分)に加え、…

続きを読む

2019年 あけまして

 新年あけまして おめでとうございます  すっかりごぶさたしております  みなさま お変わりございませんか  当方 元気とは言えませんが  ご心配いただくほどではありません  へへへ  それでは 今年もよろしく(^ω^;)(;^ω^) にほんブログ村 人気ブログランキングへ

続きを読む

とうみんみん

●大雪(たいせつ) (暦:二十四節気) 12/7~21  山だけでなく平地でも雪が降り始める頃。生きものは冬ごもりをする。  とうとう本格的に冬になった。今年の冬は手強いぞ、ご同輩。  この冬をどう過ごすか? 春まで冬眠したいな。へへへ。

続きを読む

変なのは貴乃花だけでない。理事会も何やっとんじゃあ

 大相撲、日馬富士が引退した。 ◆ことの経緯  モンゴル人力士が集まっていた酒の席で、礼儀を巡って白熱化し、「貴ノ岩」が「日馬富士」に殴られ怪我をした。軽傷のはずだった。翌日、貴ノ岩の方から謝りに来て和解した。はずだったが……。 ◆貴乃花の怪しい行動  貴ノ岩の師匠である「貴乃花」親方が不可解な行動をとる。酒の席のトラブルを、警察沙汰にする。相撲協会の理事でありながら、理事会…

続きを読む

四国八十八ヶ所のお寺さんは仏教の施設なのか?

 先日、「なかよしの町四丁目ZMAC」定例総会に参加した。出席は3人であった。 「N川」監査役、「T田」アジアアフリカ事業本部長、「Cロス」商品開発主任。なお、「M山螢」食用未確認生物繁殖局長は、茶畑の罠にかかって当日は参加できず。   それぞれの経過報告をする。緊急課題として「仏教のだらく」について論じる。  四国八十八ヶ所遍路はスタンプラリーじゃないぞ。  遍路は、村とか…

続きを読む

冬に虹はなく、リンゴとクエとノイバラが旬になった

 この頃、ほんま寒い。今年は暑い夏から、秋がないくらい短く、冬になった感じ。今日、電気ストーブを出した。昨年は12月の6日だったから、半月も早いぜ。ひょっとして、自分の耐寒力がぐっと落ちたのか。  部屋の片付けがずっと止まっている。暑い時はやる気ないよなあ。涼しくなったらやろうと思ってた。今は寒くてもういいや。来年だ。  ……なんか、寒いって言うだけの投稿だな。次回がんばるよ。 …

続きを読む

自分がゆらぐ。何でだろ

 この頃、人生がむなしいと思う。その思いが強まる。自己否定感。  生き続けるとくたびれてくるからか。加齢とともにドーパミンという神経伝達物質が出にくくなるそうだ。それにより意欲も低下する。本人の意思じゃなく、身体そのものがそうなるとしたら、むつかしい。というより意思そのものが弱まってしまうのか。  肺炎の治療でステロイド薬を服用して3年になる。ステロイドは肺の炎症を劇的に抑えてくれる。魔…

続きを読む

ゴジラは歌舞伎と同じニッポンの伝統芸である

 テレビで映画『シン・ゴジラ』見る。映像技術の進化で、特撮場面はド迫力であった。ビルが破壊されるところなどリアルで作り物の感じがしなかった。CGでここまでできるようになったのかと感心する。  設定は、ゴジラ出現という国難に対して政府機関の役人たちが、予想できない展開に意見が様々にぶつかりあいながらも懸命に対応していくというものである。まるで、政治小説みたいな設定だった。  現実にゴジ…

続きを読む

北のロケットマンから、忍者が日本を守る

 トランプ大統領が来日した。北朝鮮の脅威に対して、日本はミサイル防衛システムを買うことになっている。で、それは何かいなと調べてみた。  イージス艦のシステムを地上用に転用したのが「イージス・アショア」である。1基800億円、日本全体をカバーするには2基必要だが、予備として1基、全3基となり2,400億円也。1発約30億円。維持費も年間、数10億円也。迎撃の成功率は70~80%くらい。実…

続きを読む

11月2日は冬の入口

 11月になった。今年もあと2カ月だよ。 「年末に、今年もあっという間に終わったな、というのを数十回繰り返せば、人生は終わる」と言われている。今年もいまいちだったな。 (一昨々年、さきおととし)2014年11月2日 「夜になって寒さを感じ、何か羽織るものを探したら、綿入り半纏(はんてん)があった。着てみたらいい感じ。これから冬が来るんだな」 (一昨年、おとどし)2015年11月3…

続きを読む

10月のオオカミ(とくしま動物園)

 ひさしぶりに「とくしま動物園」に行った。最近、ツキノワグマが来た。でも見に行ったときは後ろ姿ばかりで、よく見えなかった。また今度だな。 ▼シンリンオオカミ「ゆうき」  2011生まれの雄。とくしま動物園には2015年に札幌・円山動物園よりやって来た。  ガラス越しだが1メートルくらい近くで見えるので、テンションあがる。 ⚫オオカミ本 「狼王ロボ」シートン動…

続きを読む

台風選挙~パンツまで濡れた夜

 衆議院選挙の投票に行った。台風21号が接近しており、暴風雨が急に強まった時刻だったので、駐車場から投票所まで歩いただけで、びしょ濡れになった。傘はゆがみ、靴は翌日になっても乾かない。  まあ、ふざけた選挙だったな。  総理がいきなり衆議院を解散した。 希望の党という小池新党が突然発生。民進党の前原代表が議員を持参金付きで、小池新党に放り込む。ところが小池代表は、気に入らん者は認めんと傲…

続きを読む

「雨が空から降れば」本田路津子

▲小野田少尉がルバング島から帰還したのは1974年だった  今年の10月は雨が続く。てな訳で、この歌だ。 「雨が空から降れば」  作詞:別役実/作曲:小室等(1968年:昭和41年) (歌詞のキラーフレーズ)  しょうがない 雨の日はしょうがない  雨が降るだけで、そんなにつらいものなのか、何かあったんか? 洗濯もんが乾かんのか、ふとんが干せんのか? この当時…

続きを読む

秋になったら『AUTUMN』を聴こう

「nging/Love(あこがれ/愛)」アルバム『AUTUMN』より George Winston(ジョージ・ウィンストン) の作曲・演奏(1980年)  テレビCMや番組BGMでよく使われている。有名で何度も流れるものだが、飽きない。その都度、耳を傾けてしまう名曲である。バッハの活躍時期は18世紀、日本の江戸時代である。300年経っても滅びない。  この曲も優に百年は保つ…

続きを読む

選挙に思う <人は必ず堕落する。組織は腐敗する>

 勉強する、ダイエットすると決めても、たいがい三日坊主で終わる。これは人の常だ。人とはそういうものである。  もうすぐ選挙。政党支持率の世論調査では、いつも支持政党なしが最大である。公約とかを見ても、どこも耳ざわりのいいことばかり言ってるので、決められない。そもそも政党が多すぎないか?  政権を担う政府与党。それに何でも反対する野党。この二つだけあればいいだろう。政治がわかりやすくな…

続きを読む

伝説のF1と加速するエレクトーン女子

▼「TRUTH 」エレクトーン:826aska(はちにろくあすか)  昨年、中学3年生のときの演奏。2001年生まれ、福井県在住。「826」は誕生日に由来。  中3女子の演奏もすごいが、エレクトーンの性能にもびっくりした。音色をここまで再現できるとは。 「TRUTH 」は、T-SQUAREによる日本三大名曲のひとつである。F1のテーマ曲であり、パチンコ店のBGMとしても有名…

続きを読む

「パリの空の下」アコーディオン

「パリの空の下」角谷精三(アコーディオン演奏)  2015年、享年88歳で逝去。  昼間は暑くなるときもあるが、朝夕は秋である。とうとう来た。秋の音楽は「パリの空の下」が合う。パリに行ったことないけど。それもアコーディオンが一番合う。音色(ねいろ)が懐かしい。過ぎ去った日々が思い出される。そして、これからも過ぎていく日々を感じる。  こうして訳のわからんうちに、人は歳をとってい…

続きを読む

スギが大好きなニホンモモンガ

 日曜午後7時半からのNHKテレビ「ダーウィンが来た」が楽しみである。9/24はニホンモモンガの特集。鳥取のスギ林に暮らすモモンガを、公立・鳥取環境大学の小林朋道(ともみち)教授が案内する。  モモンガは木の穴を巣にしている。研究用に巣箱を数十個設置して観察すると、意外なことがわかった。ニホンモモンガはスギとともに生きている。  杉の葉を食べる。あの緑のチクチクした葉を食べる。花粉症…

続きを読む

さようならニッポン(ツバメの旅立ち)

▲玄鳥去(つばめ さる) (暦:七十二候) 9/18-22  玄鳥は燕(ツバメ)のこと。ツバメが日本を去る。 <ツバメの渡り>  春に日本に戻ってきたツバメは子育てして過ごした。虫を食用にしているツバメは、秋になると虫が少なくなるので、南の国に越冬する。台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などへ行く。数百kmから数千kmも旅する。  一日50kmか…

続きを読む

イルカが喋る日

 知らんかった。喋るイルカがおる! ことをテレビで知った。鴨川シーワールド(千葉県)のシロイルカである。もう何年も前から実現していた。なかなか感慨深い。 ◆ジョン・C・リリー(1915~2001年)  映画『イルカの日』のモデル。1960年代にイルカとのコミュニケーションを試みた。LSDやアイソレーション・タンクを使う先進的な研究もした。ヤバイ研究でもある。  アイソレーシ…

続きを読む

「雨のポルトフィーノ」笹倉鉄平

▲「雨のポルトフィーノ」笹倉鉄平(版画)  この絵はええなあ。なぜか、みんな後ろ姿。雨の中を急いでいるわけでもなく、ゆったりと歩いている。まるで自分も、傘をさして絵の中を歩いている気分になる。行ってみたいな、ポルトフィーノ。 ▲イタリア北西、地中海に面した小さな港ポルトフィーノ。夜景も美しい。  ♢  ♢  ♢  ♢  &…

続きを読む

短い鉛筆と近所の犬・さくら

▲短い鉛筆  何年か前、ネットで短い鉛筆を見たので、もう捨てようと思った鉛筆を使うことにした。鉛筆用の補助軸を使う。補助軸は小学校以来だな。まだ文房具売場にあるということは、今でも使っている子供たちがいるようだ。  シャープペンは便利で、種類も多いけど、鉛筆をもう一度使ってみると、いい感じ。木軸の握り感がやさしい。木はいいな。芯も太いのがいい。鉛筆を削るのも楽しい。  この鉛筆…

続きを読む

夏の日の恋

▲ツバメのヒナ  8月17日に撮影。全部で4羽いるが、1羽はおしりを向けている。  7月7日、ツバメが巣を作っているのに気づく。近所の集合住宅の壁。  8月4日、ヒナが4羽いるのを確認。  8月23日、無事に巣立ちした。  今年の夏は暑かった。でももう終わりに向かっている。当地での今季最高気温は8月25日の36度だった。これが夏のピークだったな。セミの鳴き声もおさまってきた…

続きを読む

徳島県の地方創生策いろいろ

*山奥である神山町に光ファイバー網を整備して、サテライトオフィスとして、 IT系ベンチャー企業を呼び寄せた。 ▲神山町・大久保  大イチョウで知られる。まるで隠れ里みたいな所で好きだな。これは冬の風景だけど。 *「VS東京」という、東京にケンカを売る動画を発信して話題になった。徳島の環境が自然や暮らし向きがいいだけでなく、山奥でもネット環境が整備されているというアピールなど。 …

続きを読む

屋島…静謐な海

▲瀬戸内海  屋島山上の展望台より臨む。曇り空で、寝ぼけた風景になってしまったが、内海は「静謐(せいひつ)」であり、好きな風景である。 ▲屋島寺(源平合戦の古戦場であり、四国八十八箇所の№84札所)  屋島ドライブウェイがこの7月から無料になった。ただし駐車場代が300円要るようになった。  屋島寺は奈良・唐招提寺を創建した、中国・唐の高僧「鑑真和上」が754年に開いた。…

続きを読む

病気自慢する兄弟とヒグラシ

▲田井ノ浜海水浴場  徳島県 JR牟岐線(むぎせん)田井ノ浜駅が夏だけ臨時駅となる。  お盆で東京から兄が帰省した。兄弟で病気自慢する。自分は肺炎になって3年経っても治らないって自慢した。  1年半前、兄は胃がんの手術をした。それから半年経たないうちにクモ膜下出血で、夜中に救急車で運ばれた。重体だったが、日本の名医クラスの医師がたまたま宿直でおられ、8時間の手術を受け、ほとんど…

続きを読む

役所広司の「うらぶれ感」になごむ

 今日は台風が直撃した。暴風雨が続いたが市内は、大きな被害はなかった。最近、日本のあちこちで大雨による災害が起きているので、ちょっと心配したが、よくある台風のひとつだった。部屋の中、家の中で居る限り、不安はなかった。  最近、気に入っているテレビCMは、「ドリームジャンボ宝クジ」でサムライを演じている「役所広司」さん。侍が、タイムスリップして現代の街に出現したという設定。役所広司さんの「う…

続きを読む

暑さにやられた

 体調が悪い。微熱、下痢、食欲不振、排尿困難とか。微熱でも丸一日続いたら、こたえる。夏バテ、熱中症、夏風邪。何だろう。 ◆大雨時行(たいう ときどきに ふる) (暦:七十二候) 8/2ー6頃  夏の大雨が時々降る頃。七十二候でいう大雨とは夕立をさしている。現代の大雨時行とは、入道雲による雷雨や低気圧がもたらす豪雨が降る時期のことである。  このところ大雨の被害が日本各…

続きを読む

夏のポカリ

 暑い。今年の夏は暑い。と毎年言っているが、今年はホンマに暑い。と毎年言っている。  外でいると汗をかく。そのせいか指とか足が「つる」。15分くらいで落ち着くことが多いが、痛くてたまらん。そこでポカリスウェットを携帯している。「つり」が始まりそうだと思ったら、急いで飲む。なんとかなることが多いので、効くような気がする。  粉末1袋を1リットルに入れる。のが標準濃度であるが、ポカリは甘…

続きを読む

さようなら、平尾昌晃さん

 作曲家の平尾昌晃さんが亡くなる。享年79歳。若い時からバンドや歌手として有名になり、作曲家としても大成功した。テレビにもよく出ていが、偉ぶらずやさしい人だった。あらためて平尾さんが作曲したものを知ると、ジャンルの広さに驚く。  演歌の五木ひろし、歌謡曲の小柳ルミ子、アイドル歌謡のアグネス・チャンなどへの作曲で1970年代のヒット・メーカーだった。さらにテレビ時代劇の『必殺シリーズ』、…

続きを読む