福本清三さん死去

徳島を考えるシリーズ No.58  【ニッポンを考える・映画編・その3】 <福本清三さんが死去された>  時代劇で、やくざが仕切る賭場には、「先生」と呼ばれる用心棒の浪人がいる。テレビ時代劇でその先生役の俳優が突然有名になった。今から30年ほど前になる。  関西の人気番組「探偵ナイトスクープ」にその先生役の俳優を調べてほしいという依頼が来て、桂小枝が東映京都撮影所に行き、その…

続きを読む

コロナ対策、究極の決断

徳島を考えるシリーズ No.57 【ニッポン・世界を考える・その9】 <コロナ対策、究極の決断> ◆決断しない政治家は有害です  毎日、新型コロナウイルスの感染が増えていく。それなのに政界では、GoToトラベルとかイートを続けるかどうか、などというのんきな世間話みたいなことをやっている。  菅総理は、マスク、3密(密集、密接、密閉)回避、手洗いを国民に呼びかけるだけ。そん…

続きを読む

梅ちゃん、大阪で復活!

徳島を考えるシリーズ【号外】(徳島の事情その17) <梅ちゃん、大阪で復活!> 大阪・毎日放送テレビの人気番組 「ちちんぷいぷい」あとの「ミント」に 「ごじかる」卒業した 梅ちゃん(梅山茜)がレポーターででとるぞ。 出身地の大阪に戻ったんじゃ。 今、放送中 16:00 と言っても、梅ちゃんはマスクをしてインタビューしているので、あの梅ちゃんかどうかはわからんくらい。 …

続きを読む

三浦春馬、自殺

徳島を考える㉓ 徳島の事情(その12) 「三浦春馬、自殺」  人気俳優の三浦春馬さんが18日に亡くなった。30歳だった。遺書があったそうだ。  三浦さんは、NHKの紀行番組「世界はほしいモノにあふれている」(木曜午後10時30分)でJUJUとともに司会を務めていた。お酒、メガネ、食材、文具、宝石、グルメ、北欧家具、アクセサリー、ハワイなど世界各地のモノを探し求める紀行番組で…

続きを読む

梅山茜アナウンサーが最後の出演

徳島を考える⑮ 徳島の事情(その5) しまった。 四国放送「ゴジカル!」に出ている「梅山茜(あかね)」アナウンサーが最後の出演だったのに、見れなかった。 梅ちゃん、かわいかった。 明るくて、楽しかった。 スイーツ大好きで、まるごとペロリするほど。 梅ちゃん、これからどうなるんだろう? 四国放送の社員アナウンサーじゃなかった。 契約アナウンサーだった。 次はどこの…

続きを読む

昆虫館、恐竜博物館

 お正月のテレビ番組で印象に残ったもの。 ◆ふれあい昆虫館(石川県立) 『有吉くんの正直さんぽ新春SPin金沢(フジテレビ制作)』より  昆虫館では標本だけでなく、温室で1,000匹の蝶が一年中見ることができるそうだ。虫はちっちゃくて意外に間近で見ることがむつかしいものだが、生きた形を見ることができたら子供たちだけでなく大人も楽しめる。  なんで、こんな楽しいモノが徳島にはな…

続きを読む

新年の抱負、とゆーより雑感

 例年のごとく年末年始はテレビをだらだら見るくらい。カップ麺を食べながら。テレビはどこもお笑い芸人ばっかりで、賑やかなわりには、おもしろくない。教養バラエティでは池上彰さんや林先生が出てくる。博学でとてもわかりやすい解説をしてくれる。でも、面白みがない。意外性もない。なんか退屈。    いつのまにか、文化人枠が小粒になってもた。古市憲寿とか、三浦瑠麗など学者系のコメンテーターは何が言いたいの…

続きを読む

小泉進次郎は純一郎と孝太郎に迫れるか?

 小泉進次郎議員と滝川クリステルさんが結婚すると発表した。今日の夕方からのテレビは一番のニュース扱いである。おめでとお。    で進次郎さんであるが、前々から感じることがある。話し方がもったいぶっている。賢そうに見せようとしとる。わざとらしくて、作りすぎじゃないか。    純一郎父さんは大物総理だったんで、進ちゃんへの期待も高いが、今んところ世襲議員の域を出とらんなあ。この結婚を期に大き…

続きを読む

40年前の家電を修理する、笑うおじさん

NHKテレビ:プロフェッショナル 仕事の流儀 「家電の命、最後まで~電器店主・今井和美」  7/23に見た。良かったな。  三重県と奈良県の山地に小さな電器屋がある。と言っても普通の民家である。今井和美(60)さんがひとりで、家電の修理を専門にしている。ご近所だけでなく、全国からも修理が依頼される。  どれも生産が終了したもので、メーカーが修理できないとされたものだ。家電の取…

続きを読む

 ホンダF1、13年ぶりの勝利

  NHKの朝のニュースで知った。2019年F1オーストリアGPにおいて(チーム)レッドブル・ホンダの(ドライバー)マックス・フェルスタッペンが優勝。スタートで出遅れたフェルスタッペンは、レース終盤残り3周となってフェラーリに接触しながらも抜き去る。大逆転である。ホンダF1にとっては2006年のハンガリーGP以来13年ぶりの勝利となる。    おお!    いつのまにやらF1見てないなあ…

続きを読む

NHK鶴瓶の家族に乾杯 | 徳島県小松島市

NHK鶴瓶の家族に乾杯 | 徳島県小松島市(ゲストは阿部サダヲ) 2019年4月8日放映。再放送は4月12日にあるらしい。   感想「山陽堂さんが抜けとるやないかい!」   【鶴瓶と阿部サダヲ】 (小松島漁港・元根井)  まるでアパートみたいな個人宅に住んでいる女性と話す。母親はチャッピー、弟はポピオと呼んでいる明るい家庭。  漁師さん達が出港前で集まっているとこで話す。「おどれ…

続きを読む

新元号はタピオカにするか、元号そのものを廃止すべきだな

 まもなく次の元号が発表される。マスコミはちょっと、はしゃいどる。新しい元号を予想するのも流行っている。予想ランキングでは、漢字二文字でぱっとせん。  渋谷の女子高生300人が予想してみたというのでは、11位には「タピオカ」「卍(まじ・まんじ)」が入っとる。女子高生らしいバカっぽさがいいな。明治-大正-昭和-平成-タピオカってなかなかである。タピオカ元年生まれなんて、オシャレだよ。 …

続きを読む

化石番組「朝まで生テレビ」…反骨精神は絶滅したのか?

 この前たまたま「朝まで生テレビ(テレビ朝日)」を見た。司会を田原総一朗さんがまだやっていたのに驚く。84歳! よっぽど適任者がいないようだ。  昔、見ていた頃と雰囲気はまったく違っていた。学者と専門家が中心であった。美人学者・三浦瑠麗さん(東京大学政策ビジョン研究センター)も出ておった。バカ男である古市憲寿(社会学者)と並ぶバカ女でもある。 ▼三浦さんと古市さん ♦…

続きを読む

犬は意思を持つ:セラピー犬ベイリー

NHKスペシャル『ベイリーとゆいちゃん』 2019年1月27日放映 ♦セラピー犬ベイリー 「ベイリー」は日本初のセラピー犬だ。11歳、人間だと80歳に相当する。引退間際である。神奈川県立こども医療センターに出勤している。  吠えたり、噛んだり、舐めたり、鳴いたり、抱きついたりすることは一切しない。犬本来の行動を抑圧されている。セラピー犬をリードする看護師さんに徹底し…

続きを読む

吉田沙保里さんは偉大な選手でしたが、バカ女でもあります

 リオ・オリンピックの前、吉田さんは試合には出ずに、テレビによく出ていました。バラエティではしゃいでいました。霊長類最強とかなんとか、もてはやされて、本人も有頂天になっていました。タレント事務所と契約して、選手としてよりもタレント活動で忙しかった。  テレビ番組の中でも、他の人が話しているのに割り込んだりして、ウザいとも思いました。まあ、テレビ局、マスコミが持ち上げ過ぎですね。偉大な選手で…

続きを読む

キョエちゃん、ハンギョドン、ネコバス

 世界三大キャラクターは、ミッキーマウスとスヌーピーとキティちゃんと言われている。プルーナのミッフィー(ウサギ)もかわいい。  そこで、マイ三大キャラクターについて熱く語る。 ♦「キョエちゃん」NHK  最近楽しみなテレビ番組は、NHKの「チコちゃんに叱られる」である。NHKらしからぬ番組だ。5歳のチコちゃんが挑発的に岡村隆史らの知識を試す。毎回、相当な難問で正解で…

続きを読む

スギが大好きなニホンモモンガ

 日曜午後7時半からのNHKテレビ「ダーウィンが来た」が楽しみである。9/24はニホンモモンガの特集。鳥取のスギ林に暮らすモモンガを、公立・鳥取環境大学の小林朋道(ともみち)教授が案内する。  モモンガは木の穴を巣にしている。研究用に巣箱を数十個設置して観察すると、意外なことがわかった。ニホンモモンガはスギとともに生きている。  杉の葉を食べる。あの緑のチクチクした葉を食べる。花粉症…

続きを読む

さようならニッポン(ツバメの旅立ち)

▲玄鳥去(つばめ さる) (暦:七十二候) 9/18-22  玄鳥は燕(ツバメ)のこと。ツバメが日本を去る。 <ツバメの渡り>  春に日本に戻ってきたツバメは子育てして過ごした。虫を食用にしているツバメは、秋になると虫が少なくなるので、南の国に越冬する。台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などへ行く。数百kmから数千kmも旅する。  一日50kmか…

続きを読む

役所広司の「うらぶれ感」になごむ

 今日は台風が直撃した。暴風雨が続いたが市内は、大きな被害はなかった。最近、日本のあちこちで大雨による災害が起きているので、ちょっと心配したが、よくある台風のひとつだった。部屋の中、家の中で居る限り、不安はなかった。  最近、気に入っているテレビCMは、「ドリームジャンボ宝クジ」でサムライを演じている「役所広司」さん。侍が、タイムスリップして現代の街に出現したという設定。役所広司さんの「う…

続きを読む

さようならニュースウォッチ9

 NHKテレビ「ニュースウォッチ9」のメンバー3人は今夜が最期だった。 (左)佐々木彩スポーツ・キャスター  以前、徳島放送局にいた。その時は印象薄かった。東京に行ったら、一気に才能が花開いたように、いきいきとスポーツの解説をしていた。明るくかわいい顔をしているが、剣道と空手の達人らしい。 (中)鈴木奈穂子アナウンサー  鈴木さんは大相撲が大好きで、佐々木さんが相撲のニュース…

続きを読む

ブルゾンちえみ

 お笑いタレントは次々に出てくる。次々に消えていく。最近、気になるのは、「ブルゾンちえみ」である。  話しがおもしろい訳ではない。その見た目が、個性的である。ごっつい化粧しておる。ぜんぜん今どきではない。古くさい。昭和の匂いぷんぷん。誰かに似てると思ったら、本人いわくコシノ・ジュンコ(ファッション・デザイナー)さんに影響を受けてるとか。素顔は……。  こういう濃いキャラクター…

続きを読む

ラジコのふたり

▲吉田まどか(よしだ まどか)  少し前から、ちょいちょい見かけるテレビでのCM。スマホで聞くラジオ「ラジコ」のCMである。  同じバスに乗る男の子が気になっている女子高校生がいる。バスの外の月を見て男の子が笑った。なんで? 女子高校生は、男の子の隣の席に走り寄って、強引に座る。 …  バスを降りてから、男の子にちょっと話しかけてみる。そうして始まる、ふたりの恋の予感…

続きを読む

NHK大河ドラマ 「おんな城主 直虎」期待してよしっ!

 2017年・NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」スタート  戦国時代、遠江(現在の静岡県西部)の井伊家の家督を継いだ「おんな城主」直虎の物語。過酷な時代を戦う女として生き抜いた生涯。後に彦根藩の藩祖となった井伊直政を育てた。幕末になって彦根藩の井伊直弼(いい・なおすけ)は徳川幕府の大老となって歴史に名を残した。  1回目、見た。子役たち3人がかわいいだけでなく、しっかりしてた。…

続きを読む

社長さんと最後のお別れ(探偵ナイトスクープ)

探偵ナイトスクープ 『社長さんと最後のお別れ』10月28日放送 ◆長い人生、そんな日もあるある  大阪の女子小学生・優菜ちゃん8歳は、入学するときバスで登下校する予定だったが、バスの路線が変わってしまっためにバスで通えなくなった。そこで、バス会社の社長さんが個人的に毎日、優奈ちゃんを送り迎えすることになった。  家から学校まで車で5分ほどだが、とても楽しく過ごしていた。学校の…

続きを読む

オリンピックの楽しみは「新体操」である

 リオ・オリンピックが始まった。オリンピックの楽しみは「新体操」である。ベラルーシやウクライナなどのスラブ系美人が目をなごましてくれる。  今回はどうかなと調べたら、孫延在(ソン・ヨンジェ)というごっついかわいい選手がおる。  あなどれんな、韓国。日本は韓国の倍以上の人口があるんだから、もっとがんばらないかん。  新体操は8月19~21日に個人と団体の2種目が実施される。  &#…

続きを読む

ザ・ピーナッツ、妹ユミさん死去

◆ポップミュージックの黄金時代  ザ・ピーナッツの妹・伊藤ユミさんが5月に亡くなっていた。75歳だった。姉のエミさん(沢田研二さんと結婚、離婚)は4年前に亡くなっていた。  双子デュオとして1959年にデビュー。双子ならではの絶妙なハーモニーと、正確な歌唱力で、最もうまい歌手と言われた。テレビ「シャボン玉ホリデー」(1961~72年)で毎週日曜の夜に歌っていた。牛乳石鹸の提供だったな…

続きを読む

二重(ふたえ)メークでお目めぱっちり

 NHK-TV「ためしてガッテン」を見ていたら、まぶたがたるんでくることが、頭痛・肩こり・腰痛の原因のひとつだと放送していた。たるみは、眼瞼下垂(がんけん かすい)という状態である。花粉症などまぶたを強くこする、ハードコンタクトレンズの長期使用、老化などによる。たるみを改善するのに手術しなくても、「目をパッチリにさせる二重メークアップ用品」を使ってもできるという内容だった。  自分も、…

続きを読む

報道ステーションがつまらん、それとタケノコ

 この春から、テレビ朝日の人気番組「報道ステーション」のキャスターが替った。古舘伊知郎さんから局のアナウンサーになった。その前の久米宏さんも個性的なキャスターだっただけに、つまらなくなったなあ。  久米、古舘の二人とも自分の主張をはっきり言った。その為に風当たりも強かった。政治的圧力もあった。反発があるくらいでないと、インパクトもない。彼らの特長、持ち味はそこにある。こいつは何を言って…

続きを読む

冨田勲さんが亡くなった

冨田勲さんが亡くなった。84歳だった。 初期のシンセサイザーでクラシック音楽を演奏したことで有名である。 冨田さんの偉業はそれだけでない。 この「新日本紀行 テーマ曲」という日本を代表する音楽を創った人である。 「新日本紀行」は1963年から18年続いたNHKの番組である。 日本の原風景を広く紹介した。 この曲は日本三大名曲のひとつである。 もうひとつは、伊福部昭さ…

続きを読む

真田一族の忍者とスズメ

 NHK大河ドラマ「真田丸」がおもしろい。前年の「花燃ゆ」が最低の出来だっただけに、毎週楽しみである。やっぱりドラマはシナリオだなあ。三谷幸喜さんはうまい。  登場人物もいい。主人公・真田信繁(堺雅人)の父役・真田昌幸(草刈正雄)が今のところ主役である。かつての草刈正雄さんはハーフ特有の彫りの深い容貌で、かっこいい男だった。それが今やすっかり熟成して、味があり深みもある。人はこのように生き…

続きを読む