『チベット幻想奇譚』

『チベット幻想奇譚』(編)星泉ほか 春陽堂書店 2022年  1970年代末頃から、精神世界、ニューエイジというジャンルがアメリカから起こった。中でも、チベット関係の本は人気があった。『チベットの死者の書』、『ミラレパ』、C・トゥルンパのチベット仏教、聖地シャンバラ、などが有名。『チベットのモーツァルト/中沢新一』(1983年)もそうだ。  そうして作られた「神秘の国チベット」の…

続きを読む

先人を弔う〜シンセの巨匠たち

◆いい人生だったのか?  今年になって同級生が二人、亡くなったことを知らされた。この数年でも他に二人ほど亡くなっている。特に親しくなかった同学年の人たちの消息はわからないが、きっと少なからずの者が亡くなっているようだ。  もうそんな時期がきたのか。自分が病気になって落ち込んでいたけど、もう先に逝ったしまった人たちが少なくない。もう人生が終わった、というのはどう受け止めたらいいのだろう…

続きを読む

『半分、減らす』川野泰周

『半分、減らす』川野泰周 三笠文庫 2021年 「断捨離」は、不要な物を処分することからさらに、物にとらわれずに生きていこうとする考え方である。本書も断捨離術を紹介するものであるが、精神科医であり、住職でもある著者が、豊かに生きる生活術の提案をしている。  現代はネット通販などで、昔に比べ手に入るものの幅が格段に広まった。画面を押せば、自宅まで届く。 100均ショップがどこにで…

続きを読む

某県での町の誤振込み騒動

「某県での町の誤振込み騒動」  町からの返還要求を拒み続けている24歳男性は、4630万円をすべてオンラインカジノで使い果たした、と話している。男性について、パチンコ狂いで1日数万円使っていた、という証言もある。 ◇ ◇ ◇  詳細がはっきりせん事件である。  インチキ霊能者・龍源ヒミコ先生に霊視していただこう。  カジノなんかで全部使ったというのはウソじゃ。カネは隠し持っ…

続きを読む

ウクライナの平和は中道精神で

FMびざん『3Bの鉛筆』5/14放送  宮崎師のことばより。ウクライナ危機について、  命はプライスレス(金では買えない。 非常に貴重なこと)。  わたしたちは、中途半端に勇ましいこと言わずに、  腹を括って(くくって) 、『平和を求めよう』。 ──────────────────── (以下、個人の感想です。内容がつまらない場合があります) ◆コロナもウクライナも、予想以…

続きを読む

音楽が世界を変える:チェコのヴェルヴェット革命

映像の世紀バタフライ・エフェクト『ヴェルヴェットの奇跡 革命家とロックシンガー』 2022-5/9放送済み インターネットNHKプラス 5/15 午後10:44まで 地上波再放送5/19午前0:25より(5/18の深夜) 「ソ連に軍事侵攻をされながらも20年間、抵抗を続けた国・チェコスロバキア。人々は長く暗い冬の時代を耐え、1989年「ビロード革命・ヴェルベット・レボルーション」を果…

続きを読む

「ウクライナ危機」=「即時停戦」=「人命最優先」

なんべんも言いますが、「ウクライナ危機」わたしは「即時停戦」派です。「人命」が最優先です。  ヨーロッパは戦争開始が、住民が住んでいるところであり、街が戦場になる。日本の例で言えばいきなり本土決戦、沖縄地上戦となる。日本の自分たちがコーヒー一杯飲んでいる間に、ウクライナではミサイルが来れば何十人が死にます。  ウクライナの大統領の要望で武器を送る。すると…… ◆結果 ① 戦争…

続きを読む