日本一の大杉にひばり祈る

画像

 樹齢3000年。国の特别天然記念物
 高知県長岡郡大豊町杉794
 高知自動車道・大豊インターより車で5分くらい。国道32号を南へちょっと行くだけ。

 南大杉(周囲20m/樹高60m)、北大杉(周囲16.5m/樹高57m)の二株からなる。根元で合着しているので、夫婦杉とも呼ばれる。施設整備料金:大人200円
 前回の早明浦ダムの帰りに寄った。

画像

▲あまりにデカすぎて、全景の写真が撮れない。


▲動画は南杉(だと思う)。
 見た目そんなにおもしろくはないが、すごいである。

画像

▲美空ひばり歌碑
 美空ひばりさんが有名になる前の子供の時、地方巡業していた。その途中の高知県大豊町でバス事故にあう。1カ月半も町内で入院した。町を去る前に、日本一の大杉に「日本一の歌手になれますように」と願をかけた。

 やがて願いはかなった。ひばりさんはお礼に再び参った。平成元年、ひばりさんは早逝。大豊町は、ひばりさんを偲んで大杉の近くに歌碑を建てた。なんでこんな辺鄙な所にと思ったが、こんな経緯があった。

 歌碑の前にボタンがあり、3曲セットされている。音はあんまりよくないが、四国の山間に「川の流れのように」が朗々と響いた。ああ、ニッポンの風情だ。

 ♢  ♢  ♢  ♢  ♢

●立夏(りっか)
(暦:二十四節気) 5/5~5/20

 暦の上では、夏になる。
 山野では新緑が目立ち、風もさわやかになる。日差しも強くなって、動くと汗ばむことある。夕方も明るい。夏の気配だ。

*「二十四節気」とは、一年間を二十四等分して、それぞれにふさわしい名称をつけたもの。半月毎の季節の変化を表す。

◆蛙始鳴(かわずはじめてなく)
(暦:七十二候) 5/5~9

 田んぼが近くにあるので、夜になるとカエルの合唱が聞こえる。
 カエルはオスだけが鳴く。鳴く理由はいくつかある。繁殖期となりオスがメスに向けて求愛する。他のオスに対して縄張りを主張する。自分がオスだと主張するためでもある。メスだと思ってしがみついたら、オスだったということがよくあるから。

*「七十二候」とは、二十四節気をさらに三等分し、一年間を七十二等分したもの。ほぼ五日ごとになる。気象の動きや動植物の変化を知らせるもの。ちなみに「気候」という言葉は、この「節気」と「候」からできている。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック