北のロケットマンから、忍者が日本を守る

 トランプ大統領が来日した。北朝鮮の脅威に対して、日本はミサイル防衛システムを買うことになっている。で、それは何かいなと調べてみた。

画像

 イージス艦のシステムを地上用に転用したのが「イージス・アショア」である。1基800億円、日本全体をカバーするには2基必要だが、予備として1基、全3基となり2,400億円也。1発約30億円。維持費も年間、数10億円也。迎撃の成功率は70~80%くらい。実際に配備されるのは2023年になる見通し。

 それだけでなく、戦闘機や装備品など安倍政権になってからは以前の4.5倍になっている。
なかなかのもんですなあ。

 プーチンさん来日でも、北方領土返還はまったく進まず、3,000億円の経済協力というロシア側の一方的勝利になった。ロシアの実効支配を認めたも同然のぐだぐだの敗北外交になった。

 安倍さんはトランプさん、プーチンさんと親しいことを強調するが、このように何でもほいほい言うことをきいてしまうんだから、パシリみたいな小物と思われているのだろう。

 田中角栄首相は1972年、日中国交回復のため中国に乗り込んだ。アメリカに無断で行ったため、キッシンジャー国務長官は「ジャップめ!」と怒り、のちにロッキード事件をでっちあげられ、失脚した。

 小泉純一郎首相は2002年、誰も手をつけなかった北朝鮮の拉致被害者を救うため乗り込んでいった。北側が歓迎の為に用意した昼食会を断り、飛行機に戻って弁当を食べた。

 毅然と外交を行った過去の総理大臣に比べ安倍さんは任期こそ長いが、小国にはカネをばらまき、大国には大金を献上するという困ったさんだ。そのツケが国民にまわってくる。日本に余裕があればともかくも、さらに消費税を上げようという金欠状態のはずなのに。2千億もあれば、待機児童問題なんて即解決する。定員30~50人の保育園を設立する初期費用は1億5千万必要。全国の待機児童は4.7万人。

画像

 数千億も使うのであれば、金正恩を暗殺するほうが安上がりだ。日本には忍者という伝統がある。同じような顔つきの東洋人として潜入しやすいではないか。自衛隊や警察出身者で、特殊工作員を養成しよう。北に拉致され、今も残されためぐみちゃんたちを救い出そう。また帰れなくなって没した同胞の恨みを果たそう。

 日本は日本人が守らないと、大国にいつまでも貢いでご機嫌取りして媚びるなんて、70年前の大戦で亡くなった310万人(負傷者数は数知れず)に顔向けできんだろ。

(今回、書き出す前はネタ切れで困っていたのに、書き出すとどんどんチカラが入ってきた)

 ♢  ♢  ♢  ♢  ♢

●立冬(りっとう)
(暦:二十四節気) 11/7~11/21

 立冬は暦の上で冬が始まる日。紅葉が進む。夕方5時でもう暗い。
 今年は冬が来たのが早い。布団の中で足が冷える。電気アンカを抱いて寝よ。でも蚊がまだ飛んでいる。
────────────────────
◆山茶始開(つばき はじめて ひらく)
(暦:七十二候) 11/7~11

画像

 山茶をつばきと呼ぶが、椿(つばき)のことではなく、山茶花(さざんか)である。山茶花と椿は同じツバキ科の植物。冬枯れの中で、濃いピンクの山茶花は目立つ。

<季節の言葉> 落葉 
 見た目は風情がある。けど、掃除となったら終わりがないほどやっかい。

<季節の果物> みかん (旬は9月~2月)
 甘いみかんに当たればいいけど、すっぱいのが時々あってがっかりする。

<季節の魚介> ひらめ (旬は9月~2月)
 やっぱり煮付けがうまい。ムニエルもいい。

<季節の料理> 鍋の日 (11月7日でいいなべのひ)
 語呂合わせで11月7日は「い・い・な」で「べ」が置き去りになっとるが。

<季節の行事> 嵐山もみじ祭り
 京都は紅葉という当たり前の自然現象で観光客がわんさと来る、特別な場所。
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック